あ〜この毎日を徒然なるままに書き綴っております(^-^)どうぞごゆるりと★
<< 1th Anniversary main 母の想い、娘の想い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
ONE ART
最近見た映画、“In her shoes”。とってもステキな映画だった。
妹役のキャメロン・ディアスの可愛さが光る演技やファッションもとても良かったし、お姉さん役の女優サンの演技も自然でとても真に迫ってて…ものすごーく共感を覚えた。
そしてかわいい靴・靴・靴★

中でも特に気に入ったのが、キャメロン扮する読書障害の妹・マギーが詩を朗読するシーン。

今日はそのひとつをご紹介します。


“ONE ART”―― 失うことの術 ―― by Elizabeth Bishop
            
失うことの術を習得するのは 難しくはない
あまりにも多くの物が忘れ去られるため そこに存在する
だから たとえそれらの物がなくなっても 不幸ではない

人は日々 何かを失くしている
たとえドアの鍵を失くしても 慌てることはない

私は過去に2つの街を失い、2つの川を失い、さらに大陸も…
とても懐かしく思う

だがあまり不幸なことではない たとえあなたを失っても…

そのおどけた笑い声やしぐさを愛したけれど

私は自分を偽ったりしない

なぜなら私にはわかる “失うことの術を習得するのは難しくないから”。
たとえそれが とても(書いてしまえ!)不幸なことに思えても。

22:35 コトバのちから comments(2)
スポンサーサイト
22:35 - -
comment
ワタシもこの作品好き〜〜。
最後の朗読のシーンは泣けますねえ。
ワタシはオンナ姉妹がいないから、うらやましくなっちゃったわ。
オトシゴロ 2007/06/18 15:27
オトシゴロちゃん、久しぶり★梅雨入りしたけど、そちらの様子はどないですか〜?
この映画、ほんまにお気に入りの映画になっちゃったよ〜♪うんうん、あのシーンは泣けるよね…。私は妹がいるのでなんだかとてもリアルに共感する場面がいっぱいでした。女性の心ってなんて奥深くて豊かなのかしら!と思います。
あ〜こ 2007/06/18 23:18

message :